車査定

中古車のランエボ

中古車を買うとなるといろいろな不安がついてきます。新車であれば値引きとかサービスのことだけを考えて交渉すれば良いのですが、中古車というのはその車の状態からアフターサービスについてまで、すべてのことを気にしなくてはいけないので、買うほうも体力が必要になってきます。
中古車というと、「だまされそう」「ぼったくってる」と感じているかもしれませんが、実際はちゃんと商売しているところもたくさんありますし、そうでないところはつぶれていきます。ですから怖がることなく「中古車」というものと付き合ってみてください。

「良いショップ」の選び方は難しいですが、長年やっているところはちゃんと「実績がある」ので安心といえます。また、他に店舗があったり、チューニングを手がけているようなお店も安心して足を運ぶことができます。
ランエボの場合、店頭に並んでいる車を「ノーマル」「チューニングカー」「競技車」の3つにわけることができます。「チューニングカーや競技車に良い車はない」という話を聞きますが、ちゃんとメンテナンスしてあるなら、放置されているノーマルよりもずっと状態は良いです。
そして、チューニングカーや競技車は、パーツも一緒に手に入れることができるというメリットがあります。「しかし、あのハデなカラーリングはちゅっとな・・・」という方もいると思いますが、大抵の場合、あのハデなカラーリングはカッティングシートななので、簡単にはがすことができます。
中古車は、店頭に並べられる前に外側はもちろん、内側やエンジンルームも、クリーニングされていることがほとんどなので、以前乗っていた人がどんなふうに使用していたかを探るのは難しいですが、チェックできないわけではないので、納得がいくまで見たほうが良いです。そして「試乗」もやっておきたいところです。
また、中古車店に行くときは晴れた日の昼間に行ったほうが良いと言われています。どうしてかというと、雨の日や夕方だと車をしっかりと見ることができないからです。それから動かせる装置はすべて動かして見ることも重要です。保証のない車を買うときは、後になって「エアコンが効かない」といってもフォローしてもらえません。
保証つきの車を買うのが一番安心なのですが、
自分の欲しい車がたまたま「保証ナシ」だったりすることもあります。