車査定

そこは私の助手席だったのです。


今とても悲しいです。私が以前座っていた私の助手席が、今では別の女性のものになっています。
元彼の車の事です。二年間付き合っていてずっとこの車に乗っていました。元彼も私もスポーツカーが好きなのです。だからこれを買ったのでした。私はデートの時、いつでも助手席に座っていたのです。そこは私の指定席でもあったのです。
でも今では全然知らない女性が座っています。当たり前のように、助手席に座っているのです。
別れて二か月です。もうあの車に乗る事もないでしょう。とても好きな車でしたが、もう私が乗る事はないでしょう。私が助手席に座る事もないのです。
でも今、たまに元彼の車とすれ違う時があるのです。その時、私の指定席だった助手席に座っている人を見ると少し悲しくなります。仕方がないのですが、悲しくなるのです。
できる事なら、あの車を手放してほしいです。そうしたら、こんな思いをしないで済むのでしょう。あの車がまだあるからいけないのです。もう古くなってきたことだし、そろそろ手放して全く違う車に乗っていてほしいのです。
そうしたらすれ違ってもわかりません。助手席に誰が座っていようが気にならないのです。元彼もそろそろ私の気持ちをわかってほしいです。