車査定

中古車を買った時の気持ち

 

私が初めて車を買った時、まだ十八歳だったのです。高校を卒業してすぐでした。免許をとって、私は父と一緒に車を見に行ったのです。中古車販売店へ行って、いろんな車を見ました。
でもとても高く感じられて、なかなか決める事ができなかったのです。何十万円、何百万円なんて私には想像もつかない金額だったのです。でもそれが車では当たり前だったので、なかなか決める事ができなかったのです。
もちろん働いて自分で毎月ローンを返済していかないといけません。それができるかどうか、とても不安だったのです。でも会社へ行くには車がないといけないのです。そんな場所だったのです。

車の購入 その前に→スズキ ワゴンR 値引き
何件も見て回って、やっといいなと思う車に出会えました。それは大好きな赤色の小さい車だったのです。四人乗りで、荷物も載せれる車でした。それを見た時、私は「これだ」と思ったのです。ビビッときました。
そして私はとうとう自分の車を買ったのです。五年ローンをくんで、やっと自分の車を買う事ができたのです。その時の気持ちは今でも忘れていません。
ワクワクしていて、心臓が高鳴っていたのです。これが私の車だと思うと、笑顔でいっぱいだったのです。その車を今でも乗っています。七年経った今でも、変わらずに乗っているのです。